スピード印刷のメリットとデメリット

スピードイメージ

業者の印刷方法の中には、スピード印刷というものがあります。
簡単に言ってしまうと、早さを追求した印刷方法で、チラシが急いで必要になった場合などにはスピード印刷はとても便利です。

オフセット印刷などの通常の印刷方法ですと、枚数が多くなればなるほど単価が安くなったりするものですが、スピード印刷の場合ですと、一定料金となっている場合が多いために、多い少ないに関係なく、同じ金額設定されていますので、一定価格で印刷することが可能となっています。
用紙の印刷面に、スピード印刷特有ともいえる質感がでることが特徴で、一見してみるとお得に感じることが多いです。
なんといっても印刷スピードの速さが自慢ですので、一時間で5000枚以上は印刷することが可能な業者が多く、メールなどでチラシのデータなどを送り、即日仕上がりも可能となっています。

このように、メリットの多いスピード印刷ですが、もちろんデメリットもあります。

枚数に関係なく、一定料金の設定になっている業者が多いので、チラシの枚数が多くなりますと、通常印刷のオフセット印刷よりも単価が高くなってしまうので、割高になります。
インクを使用する場合、1色か2色の使用のみになってしまう場合が多いので、そうなりますと発色させることのできる色が限定されてしまい、仕上がりが安っぽくなってしまうのが難点です。
インクのほかにも、トナーを使用している場合もあります。

スピード印刷は、業者によってはオンデマンド印刷とも呼ばれていまして、印刷内容によっては様々です。
しかし、チラシ印刷の依頼がきて、すぐに印刷ができるということは共通となっていますので、急いでいる方には大助かりです。

ページの先頭へ