色だけでなく用紙も変えてみる

色イメージ

人間は色によって感じ方が違ってきます。
赤は暖かい色、青は冷たい色といったように、全ての色に違ったイメージを抱いています。
この色によって感じる思いをチラシでも生かすことができれば、企業のイメージに近いチラシを作ることも難しくはないでしょう。
色の配置によっても感じ方が変わりますので、いろいろな組み合わせをし、良いカラーチラシを作ることができれば、販売促進効果も高くなるといえます。

カラーチラシを印刷するときは、使うインクの色の数によって価格が違ってきます。
印刷するときの色は、4色のインクを掛け合わせて作っていまして、赤、青、黄色が色の三原色と言われています。
それに無彩色の白(黒)を掛け合わせることによって、様々な色が作り出されるのです。
つまり、一色を使用してカラーチラシを印刷するのでしたら、色の変化はありませんが、価格は抑えられます。
逆に、フルカラーなどのカラフルなチラシを印刷すると、全てのインクを使用することになりますので、価格は上がるのです。

コストを抑えたいけど、単色(モノクロ)チラシだとインパクトが弱くなってしまうのが気になります。
そんなときは用紙を変えてみてはいかがでしょうか。
単色印刷の場合でも、用紙をカラーペーパーにするだけでもチラシのイメージは全然違います。
それに単色インクでも黒だけとは限っておらず、何色かありますので、インクと紙の組み合わせを変えるだけで、たくさんのバリエーションをつくることができます。

ページの先頭へ